若者に見られるスマホ老眼とは

加齢にともなって引き起こされる老眼症状が、20代といった若い世代にも見られることが問題となっています。原因はスマホの長時間使用による目への負担と言われていて、症状が目の疲れによる一時的なものであることも特徴として挙げられます。目には毛様体という筋肉部分と水晶体が、主にピントを調節する役目を果たしています。一般的な老眼は、年齢を重ねることによってその機能が弱まりはっきりと物が見えなくなります。若者の場合は、スマホの見過ぎによって一時的に目の筋肉が固まり、ピントを調節する機能が働かなくなり似たような症状が見られると考えられています。目の負担を減らすことが解決方法になりますが、具体的にはスマホを40cm以上離して見るといった対策がおすすめです。また、一時間画面を見て作業を行ったら、休憩をして遠くを見るようにしたり、目薬によって栄養の補給を補う等も効果的です。パソコン等の画面を長時間見ていると、同じ姿勢ままで肩がこったり瞬きの回数が減ったりします。ですから意識的に瞬きをしたり、固まった体をストレッチして血の巡りを良くしたりといった方法も、症状を緩和させることができます。目に強い痛みを感じたり、それによって涙が出る場合はかなり目が疲れている状態だと考えられます。疲れをひどく感じる場合は、目の周りをお湯で温めたタオル等を用いると良いでしょう。画面に、目に優しい保護フィルムを付けるのも症状を抑制するのに役立つと言えます。
スマホ老眼対策ナビ│治すにはどうすれば良い?改善対策を大調査!はこちら